ホーム > 注目の専攻 > 英語教授法(TESOL)

■ 英語教授法(TESOL)-Teaching English to Speakers of Other Languages

シドニー大学のTESOLプログラムは応用言語、外国語教育、そして英語指導に主に携わってきた教育者を対象に、更なる経験と知識を得る目的としてプログラムが構成されています。教育現場にありがちな様々な問題を取り扱いながら受講生は専門性を高めていきます。また、第二言語の指導と教育現場における実用上の問題テーマや理論を探求していきます。

TESOLプログラムにはCertificate,Diploma,そしてMaster(修士課程)がそれぞれに用意されています。当プログラムはシドニー大学のキャンパスで学ぶ以外に、中国の復旦大学でも学ぶ事が可能です。復旦大学で学んだ学生もコース修了後はシドニー大学の卒業資格を得ることが出来ます。なお、シドニー大学のTESOLプログラムは充分な資格と長年の指導経験を持っている教員が揃っています。

●このコースについての詳しい情報はこちら

●日本語の説明文をダウンロードする

コース名 期間 コース開始 入学条件 英語力
Master of Education (TESOL) 1年 3月・7月 外国語の指導教員資格を保持していること。もしくは外国語の指導経験を正規の教育機関(学校および大学)で1年以上あること(フルタイム)。 TOEFL85(Writing19、その他のセクションで17以上)
IELTS6.5(全セクション6.0)

●このコースに参加された卒業生の体験談はこちら